読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なんであたしはこんなに不幸なんだろう」

先週はバイトがクビになり、未だ新しい仕事を見つけてないあたしはつまり無職です。このまま生活費も保証できないかもしれない。が、これは重要じゃない。

「はああ」あたしは先からもらった手紙をみて、嘆いた。

 

「XX文庫新人賞 落ち」

 

「これはもう何回目なんだろう。今回の小説といい、前の小説といい、どっちも努力し、バイトもそのため欠席することが多く最後クビになるのも少なくない」

一体なにが欠くのか。まだ分かっていない。ネガティブな気持ちに落ち込んでいるまま、あたしは眠りにつく。

 

 

「俺は勇者だ!平和を守る正義の味方!」

ああ、あたしはまたこのセリフを思い出す。「XX」の主人公の名言。その小説はあたしに巨大な影響を与えた。いま考えても、夢があふれるほど感じられる小説だった。その後、あたしはいくつの小説も読んで、さらに作家になりたくなった。大学卒業してからずっと小説を書いていた。結局こんな無様な姿で。もっと夢のある仕事だと思ったのに。

 

 

いまは何時だろう。もう朝か。あたしは目を覚ます。あたしは「XX」を見つけて、もう一度読もうとする。

やはりいい小説だった。でもあたしはこういう小説を書けなかった。

 

あたしは本を閉じた。一息つこう。そう思ったあたしは付近にある公園に着いた。

なんという綺麗な花なのかしら。あたしもいつからこんな花みたいに輝けるかな。あたしは花をみながら、いっそ花になったほうがいいかなという考えも浮かんだ。

 

暑い。そろそろ帰ろうか。

「ああ、暑いねぇ」あたしは文句を聞いた。向かうと、公園の職員さんは水を撒いている。これも大変な仕事なんだなとあたしは一瞬そうおもったが、違った。職員さんはとてもいい笑顔していた。

 

そっか。あたしは花だった。

小説を読んで盛り上がったあたしは間違いなく輝いている花だった。

そして、小説を書いている作者たちはきっと、職員のように、どれだけ痛みや苦しみをうけて、それでも、読者の笑顔を見たい、そのためやり続いていた。

小説家は夢のある仕事じゃないんだ。夢を届ける仕事だ。

小説家は輝くもんじゃないんだ。輝かせるものだ。

 

なんで気づいてないんだろう。小説に欠くのはきっとこれだ。どんなに苦労しても、読者に夢を届けたい気持ちは忘れられない。忘れちゃいけない。

 

なら、今やるべきことはただ一つ。この気持ちを抱えて、あたしは執筆しはじめる。